写真とツイートでTwitterをもっと楽しく ついっぷるアルバム

注目のtamayuraアルバム

関連ワード

    • 39Like
      • 1000 item

このテーマのアルバムを公開したユーザー


  • 1

みんなでクリップしたtamayuraアルバム

  • 2
  • 美琴「さあ、行くわよ」かっこいいので

  • 2
  • 初春「どこからでも」佐天「かかってきなさい」ぎゃー、やばい

  • 2
  • 婚后「一歩たりとも」湾内と泡浮「通しませんわ」かっこいいぞーー

  • 2
  • 美琴「その服良く似合うじゃない。婚后さんが買ってくれたやつ?」フェブリ「うん。これ前のと同じみたいに好き」かわいいので

  • 2
  • 布束「たとえ、これが上手くいってもいかなくても。私の罪は消えはしない。でも、それでも今私に出来る事を」ぎゃー、やばい

  • 2
  • 婚后「ありがとうございますお父様。ではよろしくお願いします」お父さん「聞いた通りだよ。光子のわがまま。叶えてやってくれないかな、おやっさん」感動するぞーー

  • 2
  • 初春「皆で力を合わせれば」婚后「わ、わたくしも、そう思いますわ」かわいいので

  • 2
  • 美琴「フェブリを助けたい。お姉さんのジャーニーも。今敵の中で頑張っている布束さんも助けたいし。もちろんこの学園都市も守りたい。でもね皆も危険にさらしたくないと思ってる。これってやっぱりわがままかな」ぎゃー、やばい

  • 2
  • 黒子「お姉様」美琴「あっ、ちょっと黒子」黒子「うああああああ。お姉様。助けに来たのにこの仕打ち」美琴「あ、ごめん。ちょっと事情があってしばらく人間スタンガン状態なのよ」ぎゃー、やばい

  • 2
  • 美琴「違うわ。あんたにしか出来ない」布束「くっ。答える前に私からもあなたに言わなきゃならない事があるわ。助けて。お願い。私達を」美琴「うん」感動するぞーー

  • 2
  • 美琴「最近ようやくわかってきたのよ。誰かに頼れる。誰かが頼ってくれる。それだけで人間って1人で出せない力を出せちゃうんだって。あたしのせいだ、あたしが何とかしなきゃって今はそれが間違いだって思ってる」感動するので

  • 2
  • 美琴「誰が、動けないって」布束「どうして、まさか。自分の運動神経に走る電気信号を直接能力で制御して」美琴「初めてやってみたけど結構なんとかなるもんね」ぎゃー、やばい

  • 2
  • 美琴「私の妹達がね、あんたに御礼を言いたいんだって。一人で背負い込む前に振り向いてちゃんと目を開いて見るのよ。ここにあんた達を助けたがってる人間は居るんだから」感動するぞーー

  • 2
  • 布束「そこで私は人工的に作られた双子ジャーニーとフェブリに出会った。2人の生命維持にまつわるふずいの脳の活動。いわばベースプログラムと言える物は昔私が書いた論文が元になっていた」ヤバイので

  • 2
  • 美琴「でっ。その優秀さの根拠てのは結局なんなの?あの子達の能力は?」有冨「情報を引き出すつもりかい。だが手掛かりはもう十分与えたはずだよ」ぎゃー、やばい

  • 2
  • 有冨「革新的なアイデアは常に異端視されるものだからね。認めさせるには結局実力で勝負するしかない。だから僕らは実際に作ったのさケミカロイドを。あいつらを使って僕らの優秀さを正しさを世界に証明する」ぎゃー、やばい

  • 2
  • 楯無「大丈夫。心配しなくてもきっとお姉さんはあなたを大切に思ってくれているから」胸がデカイので

  • 2
  • 篠ノ之「ありがとうございました」楯無「いいのいいの。じゃ、シャワー行きましょうか。よいではないか。よいではないか」ぎゃー、後ろのカメラに気づいてーー

  • 2
  • 一夏「怖い事何てないぞ。俺に任せろ。な、俺と組もうぜ簪」かっこいいぞーー

  • 2
  • 簪「あ、あの。ありがとう」一夏「え?」簪「さっき助けてくれて」一夏「なんだそんな事かそんなの当たり前だろ。ん?どうした?」簪「な、何でもない」かわいいので

  • 2
  • 簪「お姉ちゃん。イヤ、嫌だ。まだ追いつけないの?私、やっぱりダメだ」ぎゃー、やばい

ついっぷるアルバムは、ツイッター上で見つけたお気に入りの画像をクリップしてまとめることができるサービスです。 ぜひ皆さんもツイッター上の可愛い画像や面白い画像をテーマごとに集めて公開してみませんか?
→ サービス概要はこちら